【ビーチアクセス・ソフトボード】初心者から上級者まで楽しめる最強ボード|評価と口コミも徹底解説

shachikun
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

プロサーファー吉川広夏さんも愛用する「ビーチアクセス・ソフトボード」。ビーチアクセスは国内発ブランドで初心者から上級者まで楽しめるサーフボードです。

今なら5%OFFクーポンが貰えるため、誰でもお得に購入することができます。

今なら5%OFFで購入できる

ビーチアクセスが人気の3つの理由

日本発ブランド

サーフボードをネット通販で選ぶ際は安心できる品質が重要です。ビーチアクセスは日本発ブランドで商品の開発・企画は全て国内で行なっています。そのため他ブランドよりも厳しい合格基準で生産されているため高品質な商品が生産されています。

ビーチアクセスの口コミ

豊富なバリーション

ソフトボードに特化しているため豊富なバリーションを揃えた「ビーチアクセス」。ショートボードからロングボードまで初心者から上級者まで楽しめるソフトボードです。
さらに、持っているだけでおしゃれなデザインとワックスフリーで他ではない持ってて損しないサーフボード。

ビーチアクセスソフトボード初心者にオススメランキング

誰でも5%OFFクーポンがもらえる

ビーチアクセスは他ブランドと比べても比較的安価でソフトボードが提供されています。メーカー直販による低価格に加えて日本全国自宅まで送料無料というありがたいサービスもあります。さらに今なら公式ページ限定で5%OFFクーポンも誰でももらえる特典付き。※送料無料は一部の離島は除く

ビーチアクセス7つのメリット

「ビーチアクセスソフトボード」の商品情報

販売元ビーチアクセス合同会社
構造表面:ソフト材
中身:EPS
価格¥54,800〜¥67,800(通常) ¥52,060〜¥64,410(5%OFF後 
種類ショート、ミッドレングス、ミニロング、ロングボード
ワックス不要
送料自宅まで無料
支払い方法クレジット、 Amazon pay、Apple pay、Google pay、Shop pay、楽天pay、d払い、PayPay、Line pay、メルペイ、あと払いPaidy,コンビニ払い
 
RYO
RYO

本格派ソフトボードでこの価格はお買い得!
送料も別途追加や営業所止めが一般的な中、自宅まで送料無料は助かります。

ミニロング7’2レビューを見る

ビーチアクセスの最安値は公式サイト

ビーチアクセスが最もお得に購入できるところを徹底調査しました。ビーチアクセスが購入できるのは 公式サイト、Amazon、楽天でした。その結果最もお得に購入できるのは「公式サイト」と判明。

ちなみにビーチアクセスはネット専業なため実店舗での購入はできません。

Amazon、楽天ともに送料無料で購入することができますが、5%OFFクーポンは付いてきません。そのため最もお得に購入できるのは公式サイトです。

今なら5%OFFで購入できる

ビーチアクセスの口コミ

ここではビーチアクセス購入者のリアルな口コミを集めてみました。良い口コミもイマイチな口コミも包み隠さず紹介します。購入前の参考にしてみてください。

ミッドレングス6’4 42ℓ
楽しい 

安定安心の浮力!ボディボードからの転身でサーフィン初心者なのに、すぐに立つ楽しさを味わえたので楽しくて仕方がありません! 
海上がりはだいぶボードが重いように感じますが。 
とても気に入っています!

引用元:ビーチアクセスソフトボード公式ホームページ

ミニロング8’0” 73L ワックスフリー
乗りやすい   

最初の2回はコツが掴めずあんまり乗れなかったのですが!慣れたら乗れるようになりました。ノンワックスでホントに滑らず快適です。初心者で合う板を探してましたが、やっと出会えたと思いました。8の73リッターを購入して良かったです。

引用元:ビーチアクセスソフトボード公式ホームページ

ショートエッグ 6’0” 38L ワックスフリー
楽しいショートボード

とにかくテイクオフが楽です。小波でも遊べます。 
これに慣れてしまったら普通のショートボードのテイクオフが少し難しく感じるかも知れません。 
カラーもかわいく、他のソフトボードに比べて「カッコ悪さ」はありません。 
ワックスは塗らないと滑るので薄めに塗っています(しっかり塗るとグリップが利きすぎてダメ)。 
気になるダックダイブですが、決して楽ではありませんし、深く沈めるのは難しいです。だけど、一応できます。ちゃんと練習すれば、波を潜れるようになるかもしれません。 
乗った感覚も、なかなかスムーズだと思います(ソフトボード的な感じはやはりありますが)。 
とはいえ、6’のソフトボードでこんなに楽しいボードは大変貴重です。 
だいぶこのボードを海に持って行くことが多くなりそうです。 
総合的に★5です

引用元:ビーチアクセスソフトボード公式ホームペー

ミッドレングス6’4 73L ワックスフリー
トラブルあり   

職場の同僚がクレカを使えないため代理購入しました。 
その同僚によると、センターフィンがフィンボックスにちゃんと収まらず、無理やり押し込んでネジでとめても、サーフィンしている間に外れて、フィンがブラブラした状態になるとのこと。 
ボックスの形状が悪いのかフィンの形状が悪いのか不明ですが、同僚はやっぱり有名メーカーのソフトボードにすれば良かったと後悔しています。 
販売サイドからは何かいいアドバイスはありますか?返品はきかないようですが。 
それと、ワックスフリーはかなり誇張だと言えるようです。広告が出てたらJAROに訴えられるレベルでしょう。

引用元:ビーチアクセスソフトボード公式ホームページ

ミッドレングス6’4 73L ワックスフリー
数回使ってみて   

20年ぶりのサーフィン復活とし、て、昔使用していたショートボードでは、年齢的にも体力的にも厳しいと思い、今回いろいろ検討した結果、このソフトボードの購入に辿り着きました。 
購入の際に、チャットで丁寧に説明頂いたりサイズのアドバイスも頂き、結果、6‘4“ミッドレングスに決定して購入しました。 
ただし実際に使用しましたが、簡単に楽にテイクオフが出来るとか、いろいろネットでも書かれたりしていますが、そんなに甘くはなかったです。ブランクがあったとはいえ、コツを掴むことも、まだまだ時間がかかりそうです。当たり前ですが、練習と努力が必要です。当方、身長175㎝、体重75キロでは、使用してみて、もっと長いボードが必要と分かりました。長いボードを買えば良かったです。そしてワックスフリーという事ですが、汚れない事は嬉しいですが、慣れるまで、やはり滑ります。 
そして、商品の品質について、まず、率直な意見として、他の方からのレビューにもありますが、新品の状態にもかかわらず、フィンの取り付けの際、センターフィンボックスのみ、ネジとは関係なく、入り口が狭く、フィンを入れる事が困難で、無理やり押し込んだものの、外す際に、なかなか外せなくて、素手で外せば、フィンは尖っているので、怪我をする恐れがあるため、タオルを巻いて必死に外すという感じです。毎回危ないです。 
おそらく出荷前に商品のチェックもされていないのか、また数名から指摘があるにも関わらず修正しない事から、お客様の声を聞いていないのだと感じます。自分自身でボックス内を削った方がいいのか、それとも購入先に返品し、もしくは引き取りを依頼して専門の修理をしてもらえるのかどうか、分かりません。今後購入を考えている方は、このフィンボックスの事を事前に確認した方がいいです。厳しい意見ですみません。購入前に色々と期待していた分、個人的に非常に残念だったので。

引用元:ビーチアクセスソフトボード公式ホームページ

今なら5%OFFで購入できる

ビーチアクセスよくある質問

ここではビーチアクセスのよくある質問を紹介します。購入前に1度確認しておきましょう。

Q
取り扱い店舗はありますか?

ビーチアクセスはネット専業のため実店舗での取り扱いはありません。ビーチアクセスは実店舗に商品を卸さないため中間マージン(手数料)が排除されています。その結果低価格・高品質な商品を提供することができています。

実物を見て買うことができないことが注意点ではありますが、公式ページでの分かりやすい商品説明とLine,Instagramからの問い合わせで疑問を解決できます。

購入前に知っておきたいビーチアクセスソフトボード5つの注意点!

Q
水は吸収しますか?

中身がEPSでできているためコア素材への浸水はしない作りになっています。ただし、表面がソフト素材でできているため通常のソフトボード同様に水は吸収します。

Q
ワックスを使用しても大丈夫ですか?

グリップ力をもたせるためにワックスを使用することは問題ありません。
ワックスを落とす際に「ワックスリムーバー」を使用すると表面を溶かす恐れがあるので注意が必要です。ソフトボードに塗ったワックスを落とす際には「PIKLE WAX REMOVER」の使用をオススメします。

Q
日本外への配送は可能ですか?

海外への配送は対応していません。
ただし、台湾公式サイトあり、台湾のみの配送は可能です。

Q
ソフトボードのオーダーメードは可能ですか?

現在は承っていません。

Q
製造も国内でしょうか?

商品の開発・企画に関しては日本国内で、製造に関しては中国で行っています。製造に関して国内ではないものの「Aku Shaper」で行っているため高精度で安心の品質が保たれています。

今なら5%OFFで購入できる

サーフボードの豆知識

EPSとは

EPSとはエクスパンダブルポリエチレンのことで近年ではハードボードの素材として主流になっています。日本では「発泡スチロール」と言われている素材です。この発泡スチロールをエポキシ樹脂でラミネートしたものがEPSサーフボード

発泡スチロールは「食材のトレイ」などを思い浮かべるかもしれませんが、サーフボードで使用されている発泡スチロールは「ポリスチレンのビーズ法」で製法は同じですが、ビーズの粒の大きさ、硬さなど特別に開発されたものです。

EPSのメリット
  • 軽くて浮力がある
  • 強度がある
  • 小波に向いてる
EPSのデメリット
  • 風邪の影響を受ける
  • 板が硬いので反発力が活かせない
  • 値段が高い

これまで主流の「PUサーフボード(ポリウレタン)」に比べ浮力があり強度があることが特徴です。

ビーチアクセスソフトボードは「EPS素材」をソフト素材でラミネートすることで、ハードボードの良さとソフトボードの良さを合わせ持つことができている。

マシンシェイプは品質の高いサーフボードが作られる

サーフボードが作られる工程の1つにシェイピングというものがあります。シェイピングとはサーフボードの形を削りこと。

「ブランクス」と言われるサーフボードの原型となる素材(ビーチアクセスでいうEPS)を削る工程です。

大きく分けて2通りの作り方があります。「マシンシェイプ」と「ハンドシェイプ」です。
それぞれの特徴は以下の通りです。

マシンシェイプの特徴

コンピューターや機械を使用しサーフボードを機械的に削ること。

  • 大量生産が可能
  • 精密さ同じ形を再現できる
  • 完成までの時間が早い
ハンドシェイプの特徴

職人が全て手作業でサーフボードのフォームを削ること

  • オンリーワンな1本
  • 細かい技術で作られる芸術品

それぞれ違った良さがありますが、ビーチアクセスに関しては「マシンシェイプ」で作られています。マシンシェイプの中でも世界最高水準の技術を持つAKU Shaperで作られています。

AKU Shaperは高精度なサーフボードを複製することができ、熱に弱いEPS素材を溶かすことなくシェイプすることができます。

某有名ブランドなどもAKU Shaperで削られ絶大な信頼があります。

ビーチアクセスは、世界最高水準の技術で作られることと、厳しい審査基準のおかげで安心の品質が保たれています。

※厳しい審査基準とは、海外ブランドなど許容されるような小さな傷・汚れも見逃さず「日本人の厳しい基準でチェック」されている

【日本発!】低価格・高品質コスパ最強ビーチアクセスソフトボード【今なら5% OFF】

ビーチアクセスは日本発メーカー直販ブランドで低価格・高品質なソフトボードです。商品の企画・開発は全て国内で行い、分かりやすい商品説明とチャットガイダンスにより初心者でも安心して購入することができます。

「これからサーフィンが始めたい」「セカンドボードが欲しい」そんな方にオススメです。公式サイトからの購入なら最もお得に購入でき、今なら5%OFFで購入できます。この機会に是非お試しください。

今なら5%OFFで購入できる

記事URLをコピーしました